コムシスロゴ
ENTRY
社員紹介

コムシスは、一人ひとりの多様性を活かし、社員全員がイキイキと輝ける職場づくりをするため、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。
それぞれの価値観やライフスタイルなどにとらわれず、多様性を認め、個々の力を最大限に発揮できる組織づくりをめざします。

※掲載内容は取材時、2018年7月時点のものです。


コムシスの女性活躍支援

コムシスでは働く女性の活躍を支援します。
積極的にキャリアをつみあげていける会社にすることはもちろん、ライフワークを豊かに生きていく中で家庭や育児と仕事を両立できる環境をつくっていきます。

男女比率

女性社員対談

プレイヤーとして、マネージャーとして、女性として。
コムシスの第一線で活躍する女性エンジニア3名に、IT業界を目指したきっかけから現在のワークライフバランス、さらに今後のキャリアについて伺いました。

ADS 女性社員対談

男女比率

「仕事と育児の両立サポートブック」

妊娠から育児休業を経て復帰までの就業継続支援

TCSグループでは、グループをあげて働き方改革、企業風土改革に取り組んでおり、その一環として「仕事と育児の両立サポートブック」を作成しました。

コムシスでは、このサポートブックを社員一人ひとりに制度や規程への理解を深めてもらうことで、同じ職場のメンバーが、共に気持ちよく働き、様々な立場の社員が活躍できる職場環境づくり推進のために、効果的に活用していこうと考えています。

仕事と育児の両立サポートブック

このサポートブックでは、妊娠の報告から休業中、職場復帰、仕事と育児の両立までの流れをステップ1~3に分け、各ステップでやるべきこと、大切なことを「本人」「上司」「職場メンバー」それぞれの立場で紹介しています。また、社内の手続きや提出書類についても、わかりやすく書かれています。

※「仕事と育児の両立サポートブック」 2019年4月1日 発行


産休・育休取得社員メッセージ

社員紹介 N.Y

N.Y
2016年入社 (中途)
ADSカンパニー
専攻:工学部応用化学科

復帰後の担当業務について

新規エアコン基盤の受入統合テスト、システムテストを行っています。


復帰にあたり、どのように復帰されたのか。
良かった点・苦労した点、現在の状況についても教えてください。

復帰後は、子供の体調によっては休みや早退の可能性があるため、チームで仕事を進めていけるプロジェクトに参画しました。 初めて触れる世界でしたが、チームメンバーが支えてくれ、一通りのことができるようになりました。
独力でできる仕事が増えるよう、質問される立場になれるよう更なる業務知識を習得中です。時短勤務ということもあり、少しでも効率よく仕事をできるよう努めています。


今後のキャリアについて、どのようにお考えですか?

産休以前までは材料系(化学生物系)の実験業務をしていました。現在の業務内容とは全く違う分野です。
この経験から、複数の分野で仕事ができる、複数の視点を持って考えることができるようにしていきたいと思っています。
また、仕事と家庭、自分の両立ができるよう努めていきたいと思っています。


学生にメッセージ

自分の性格上、ずっと子供と一緒に居るよりも、仕事を挟んで生活をしている方が居心地がいいと感じています。
これは私の場合であって、仕事、家庭をどうやっていくのか、どんな割合で力を注ぐのかは自分次第だと思うので、自分がどうしたいか、会社や家庭としてはどうなのか、子育てに限らず色々な意見を聞いて検討してみるのがいいと思います。

休暇取得前の担当業務について

給湯器の水除菌デバイスの開発検討を担当。
除菌試験を中心とした微生物試験や分析、測定等の実験を行っていました。


コムシスに入社しようと思った理由

前職は結婚を期に退職したのですが、研究開発をしていたこともあり、次も開発の仕事をしたいと思っていました。ハローワークで求人票を見て、興味のある仕事ができると思い入社しました。入社後は仕事内容のサポートはもちろん、気持ちの面でも気遣ってくださいました。


産休・育休を取得するにあたって

まずは、妊娠の報告をしたら嫌な顔をされるのではないか…と不安がありました。
しかし、嫌な顔をされるどころか、皆さん笑顔で受け入れてくださり、 「産休・育休の制度があるのだからきちんと活用したらいいよ。」と言っていただきました。
産休・育休の制度や、取得に必要な書類についても、わかりやすく丁寧に教えていただきました。
妊婦ということで仕事内容にも配慮していただき、事務仕事をすることも多かったです。つわりで強い眠気におそわれることもあり、大変な時期もありました。 私の場合、お腹が大きく出ることがなかったので実験に支障はありませんでした。


復帰と今後のキャリアについて

仕事と家庭・子育てのバランスがとれるか不安ですが、お互いに引き立て合う関係であればいいと思うので、バラバラになってしまわないように、家族や職場とよく相談をしながらペースをつくっていきたいと思っています。


学生にメッセージ

女性の方は、女性社員が少ないため、最初は不安に思うかもしれません。 ですが、少ないからこそ“つくっていける”ことは多いと思います。
妊娠・男女問わず、自分自身の状態に何か変化があれば、すぐに伝えることが大切だと思います。何かを感じたらまずは誰かに相談してください。アドバイス、サポートが返ってくると思います。


PAGE
TOP