コムシスロゴ
ENTRY
コムシスの人材育成について

コムシスの人材育成について


人材育成の考え方

コムシスはソフトウェアを開発する前に「人を育てる会社」でありたいと考えています。
人間力豊かな社会人であること、デジタル革命の中で先進技術を駆使し情報社会の建設に貢献するエンジニアであること、これらは私たちが描くコムシス社員の姿です。
当社はその実現のために充実した人材育成制度を整えています。


人材育成制度

コムシスの人材育成制度は、「教育研修制度」、「資格取得奨励制度」、「キャリアパス支援制度」の3つの制度で構成されます。
教育研修制度では、「基礎研修」と「先進技術研修」の2つの教育カリキュラムにより、新入社員研修を始めとする基礎力を養成する研修から、AI(人工知能)や IoT(Internet of Things)、モデルベース開発など先進技術に係わる研修まで、社員の成長に合わせた様々な研修を揃えています。
資格取得奨励制度では、100種類以上の資格を対象として、資格手当や奨励金の支給、受験料補助の制度を整え、社員による資格取得を支援しています。
キャリアパス支援制度では、社員一人ひとりが個性や適性、希望に沿ってキャリアパスを描けるよう体系を整えるとともに、社員自らがキャリアアップやキャリアチェンジに挑戦できる、社内外留学制度や昇格研修制度などを設けています。

コムシスの教育研修制度について


コムシスの教育研修制度は「基礎研修」と「先進技術研修」の2つの教育カリキュラムで構成されています。
新型コロナ感染防止のため、一部内容を変更して実施している研修もありますが、Webシステムも活用した、効果的な教育研修に努めています。

オンライン研修の様子/

Webシステムを使用したオンライン研修・ビジネススタンス研修の様子


基礎研修

基礎研修では、内定者勉強会や新入社員研修、ビジネススキル・ヒューマンスキル・マネジメントスキル系の義務教育などを実施しています。

ビジネスマナー研修の様子/

ビジネスマナー研修の様子

内定者勉強会

IT学習未経験者でも無理なく入社準備ができるよう学習内容を工夫しています。内定者勉強会では、「IT初歩の初歩3Days」や「誰でもできるロボット組み込み演習」を学習するほか、基本的なビジネスマナーについても学びます。

新入社員研修

新入社員研修では、約2か月間の技術研修を行います。技術研修は、情報処理技術者試験を主催する独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の認定を取得しています。このためコムシスの研修を受講し修了試験に合格すると基本情報技術者試験の午前試験が1年間免除されます。
このほか新入社員研修では、ビジネス研修、実機を使用したプログラミング研修、部門紹介などを行います。

義務教育

標準的なビジネススキルやヒューマンスキル、マネジメントスキルの研修を「義務教育」としています。話す・考えるコミュニケーション研修、主体性・協調性研修、リーダーシップ研修、コーチング研修、マネジメント研修、プロジェクトマネジメント研修などを「必修課目」とし、所定の年次に全員が受講します。

ビジネススキル研修の様子/

ビジネススキル研修の様子

再受験研修(基本情報技術者試験)

コムシスでは基本情報技術者試験の合格を奨励しています。一度の受験で合格に至らなくても再度挑戦し合格できるよう研修を用意しています。挫けることなく再挑戦する姿勢も大切にしたいと考えています。

年次集合研修

1年目のフォーローアップ研修、3年目のトレーナー養成集合研修、7年目の年次集合研修など、所定の年次で集合研修を設定しています。

eラーニング

場所や時間を選ばず動画で講習を受けられる学習サービスです。IT先進技術を含め5,500以上の学習コンテンツを揃え、必須課目のほか希望のコンテンツを学習することができます。


先進技術研修

先進技術研修/

情報社会の明日を創造・建設していくコムシスのミッションにおいて、先進技術の習得は急務となっています。そのため先進技術研修は、社会や各分野の需要に応える人材を育成するために充実した研修プログラムを用意しています。

先進技術研修 ①

AI領域

先進技術の中でも、今後ますます需要が高まっていく「AI」領域において、ディープラーニングの基礎的理解を元に、AI技術を実ビジネスに生かせる人材から、実際に理論を理解し実装できる人材までを育成していきます。

【AIリテラシー講座】

日本ディープラーニング協会が認定するG検定(ジェネラリスト検定)の合格をめざしたオンライン講座です。
ディープラーニングの基礎的な理解を基に、適切な活用方針を決定してAI技術を事業に応用する能力を持つ人材を育成します。

【AIエンジニアリング講座】

日本ディープラーニング協会が認定するE資格試験(AIエンジニア資格)を受験するための110時間のオンライン講座です。
Pythonや機械学習および深層学習について学びます。
ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装できる能力を有する人材を育成します。

【E資格対応講座】

E資格試験の受験資格を取得するために、AIエンジニアリング講座受講修了後に受講する40時間のオンライン講座です。
ディープラーニングの理論および数式を理解し、適切な手法を選択して実装する機能を持ち、高度なAI専門技術を有する人材を育成します。

※G検定およびE資格は、日本ディープラーニング協会が認定する日本で唯一のAI資格です。

先進技術研修 ②

IoT領域

Open IoT 教育プログラム(半年間)
高度なIoT技術を身に付けたい技術者を対象に、IoT関連分野の体系的な知識とスキルを身に着けるための高度な教育の場です。
リアルタイムOS「μT-Kernel 2.0」、IoT-Engineを用いたシステム開発を中心に、Webアプリケーション開発や機械学習等のIoTと関連が深い分野の最新技術についても学習します。

先進技術研修 ③

MBD領域

モデルベース開発エンジニア育成トレーニング
自動車業界の車載ソフトの開発分野では「モデルベース開発」(MBD)が急速に普及しつつあります。
従来の開発に比較すると生産性と品質へのメリットが得られるためです。 育成トレーニングではモデルベース開発の基礎から開発現場への応用までを4日間の集中トレーニングにて学習します。

資格取得奨励制度


情報処理の基本的な資格から、専門分野の資格、AI(人工知能)におけるG検定やE資格など先進技術に係わる資格まで、100種類以上の資格を対象として、資格手当や奨励金の支給、受験料補助を行っています。

資格手当対象の資格取得社員に毎月、所定の資格手当を支給します。
奨励金対象の資格取得時に奨励金(10万円、5万円、2万円)を支給します。
受験料補助取得した対象資格受験時の受験料を全額補助します。

キャリアパス支援制度


社員一人ひとりが、それぞれの個性・適性・希望に沿ってキャリアパスを描けるよう体系を整えています。
教育研修制度と資格取得奨励制度で社員の成長を支援するとともに、定期的な面談でキャリアパスを相談できるよう制度を整えています。
またさらには、社員自らがキャリアアップやキャリアチェンジに挑戦できる、社内外留学制度や昇格研修制度なども設けています。
社員が様々に挑戦できる会社であること、これもコムシスが大切にしていることのひとつです。

新入社員研修イメージ

PAGE
TOP